通帳翻訳プロジェクト通帳翻訳サービス概要 > 通帳翻訳サービス詳細

通帳翻訳料金一覧

翻訳業界で最安レベルの翻訳料金で
高品質な翻訳文書を翻訳証明書とともにお届けします


分類 翻訳料金

A. 基本情報翻訳コース

本コースには、以下が含まれます。
  • 通帳の中表紙(表紙を開くと現れる見開きページ)の基本情報の翻訳
  • 翻訳証明書(ヘッダロゴ・社印・翻訳者サイン入り)
  • 普通郵便の送料
※ ご希望に応じて表紙の翻訳文書を無料でおつけします。



ワーキングホリデー=ユース・モビリティー・スキーム (YMS) でのUKビザ申請など、基本情報(※)の翻訳だけで良い場合、この 「通帳基本情報翻訳コース」 が適しています。

※ 口座人名義・口座番号・銀行名・支店名などの口座情報
 
4,320円 (消費税込) 
平成27年6月15日改訂(新規見積分より適用)
 


全ての金融機関の通帳について適用されます。

※ ゆうちょ銀行については、公社時代に発行された通帳でも大丈夫です。 (翻訳実績多数)


 普通預金通帳、総合口座通帳、定期預金通帳、定額預金通帳、積立預金通帳、WEB通帳など、通帳と名の付くものであれば全て対象となります。

B. 基本情報+取引内容翻訳コース

本コースには、上記Aの基本情報コースの内容に加え、取引内容の翻訳が含まれます。




海外移住などで慎重なビザ審査を要するために提出先から取引内容の部分も含めた翻訳文書を提出を求められる場合には、この 「基本情報+取引内容翻訳コース」 が適しています。
 
4,320円+(取引内容ページ数×2,160円) (消費税込)
平成27年6月15日改訂(新規見積分より適用) 


※ 取引内容ページ数は、取引内容が記されたページを見開いた状態で1ページ(通帳を開いた状態で、折目の上部と下部を併せて1ページ)で計算します。

※ 口座情報など基本情報の翻訳は、多くの通帳の場合、中表紙(表紙を開くと現れる見開きページ)の翻訳だけで構いませんが、一部の通帳の場合、表紙の翻訳も必要となります。 本サイトでご案内しております通帳翻訳では、お客様のご要望に応じて、中表紙の翻訳にプラスして表紙の翻訳も無料でお付けしておりますので安心です。


独自技術による高速化、高品質化、低翻訳料金化により通帳翻訳を気軽なものへ

翻訳担当 翻訳会社ソリュテック

窓口担当 翻訳サービス合同会社

※ 翻訳会社ソリュテックの翻訳サービスは、便利な代理店の翻訳サービス合同会社経由でご利用いただけます。